OSとハードウェアを検討する

まず導入の際には、現在のオペレーティングシステム(OS)を確認しましょう。もし、職場ですでに既存のパソコンがある場合は、そのOSを踏襲し、同等ないしはそれ以上の性能を持つパソコンを導入することがほとんどです。新規導入する場合には、業務内容を鑑みて、OSの選定とハードウェアの選定を行っていきましょう。

OS(Windows)を導入する場合

これから法人PCにOSを導入する場合はWindows10を導入することになります。何故なら今法人PCで多く使われているWindows7は延長サポートが2020年に終了が迫っているからです。特定のデ…

See more »

OS(マッキントッシュ)を導入する場合

パソコンはどれも同じと考えている人は少なくないでしょう。実際、10年ぐらい前に発売された中古のパソコンでも昨日購入したばかりの新品のパソコンでも、同じOSをインストールすれば同じソフトを動かすこと…

See more »

ビジネスパソコンは必要機能があれば十分

ビジネスで利用するならビジネスパソコンのほうがお得です。ビジネスで必要なエクセルやワード・パワーポイントなどがインストールされていれば十分で、余分な機能が無い分安く済みます。

ハードウェアの選定~CPU、メモリで性能は変わる~

選び方が大切な法人パソコン

効率よく仕事をしたい時は、パソコンを利用して行うことが多いでしょう。複雑な計算でも短時間で行ってくれるため、会計処理などをする時に使いやすい特徴を持っています。販売されている製品は個人で買えるものもありますが、法人向けの商品も合って格安で購入できます。ある程度の数をまとめて購入すれば、割引してくれるケースも多いので便利です。このような法人パソコンを選ぶ時にポイントになるのは、CPUやメモリの性能で仕事に合ったものでないといけません。低性能のパソコンを購入してしまうと、返って仕事の効率が悪くなるので注意がいります。複雑な処理をするほどCPUやメモリは高性能でなければならず、その分購入する時の費用も高くなります。

行う作業によって変わる必要スペック

法人パソコンで使われるメモリには、処理を行うデータが一時的に保管されます。容量の大きなメモリを使っていないと、データが入り切らず処理が重くなる時があります。ただ一般的な事務処理をする程度ならば、メモリはそれほど必要ではないので問題になりづらいです。会社で行う仕事がメールや文章作成程度なら、それほど性能が良くないパソコンでも作業できます。画像処理などをしている会社で法人パソコンを買う時は、大容量メモリを用意しなければいけません。大量にメモリを使う動画などの処理では、それに合った性能がないと仕事ができなくなります。またCPUも動画や画像の処理では重要になるため、そのような仕事をしている会社で法人パソコンを買う時は性能を十分に調べるべきでしょう。

ソフトウェアを検討する

必要なソフトウェアを選別する

パソコンを使うにはソフトウェアが必要で、インストールをするとなると非常に時間がかかります。個人向けのパソコンは購入後にすぐに使えるように予め色々なソフトがインストールされているので便利です。ただし…

See more »

ライセンス数、購入方法を確認する

法人向けパソコンを導入して、そこに何かしらのソフトウェアをインストールしたいのなら、ライセンスについてきちんと把握しましょう。パソコンショップなどで購入できる通常版のソフトウェアは、一人で利用する…

See more »

導入後のソフトウェア更新について

法人向けパソコンを導入するときは、仕事ですぐに利用できるように、OSがインストールされたものを選ぶ会社がほとんどのはずです。そのOSというソフトウェアはサポート期間が決まっていて、その間ならば、お…

See more »